MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

高崎市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報


土地相続に詳しい方にご相談が・・・。 正月早々家族で集まった際にふとこんな会話があり気になり、質問させて頂きます。 土地についてなのですが・・・。 田舎の調整区域に旧家として主人の実家があります。 土地は500平米くらいではないかなと思います。 もともとこの土地は主人の祖母のものでしたが、おととし亡くなり 長男である主人の父(舅)が相続しました。 500平米の中に、祖母の家(平屋・現在は水道・ガスもなし)と 旧家(木造二階建て・水道・ガスなし)と、新築の二世帯住宅が建っております。 先の2軒は誰も住んでおらず、家としての機能が成り立たない状態で放置。 この状態で舅が相続し、名義を舅のものにしたのですが・・・ 本日お酒の席で主人(長男)が舅がなくなったら相続するけど 相続税が凄く掛かるよ?といわれ、いくらですか?と聞いたら500万と 言われました。(舅が相続した際、司法書士などの費用も含めそのくらいかかったと。) 調整区域で売ることもできない、1000平米以下なら貸すことも可能とはいえ そんな土地なのに何故遺産相続で500万も??と思いここで相談させていただきました。
なぜ、朝日新聞はわざわざ仮設住宅をバ韓国に注文すると報じたのですか。カナダ、アメリカなど親日国は多いのに、だいたい西日本は健在なのに、どうして、東日本大震災の仮設住宅をバ韓国に発注と報じたのですか。 海外からの仮設住宅輸入については、実は朝日新聞が2カ月ほど前に報道していました。 用地不足解消に2階建て仮設住宅 海外製を輸入へ 2011年4月27日 http://bit.ly/iC4wbH 東日本大震災の被災地に、海外メーカー製のコンテナ式2階建て仮設住宅が数千戸できる見通しになった。国土交通省が輸入業者を募り、数十社が名乗りをあげた。用地不足のなか、国内メーカー製の平屋建てよりも、効率よく土地を使える利点がある。 中国や韓国、タイなどのメーカーが意欲を示している。国内製仮設住宅は壁や床を被災地に運んで組み立てるのが一般的。海外製はコンテナごと輸入するので建設に人手や時間がかからない。ただ輸送費が割高なため、1戸あたりの建設費用は国内製と同程度の約400万~500万円する。 標準的なタイプの2階建て仮設住宅は、台所、風呂、トイレ、押し入れを備え、和室(約4畳)と洋室(約3畳)の2部屋。1戸あたりの広さは国内製仮設住宅とほぼ同じ30平方メートル弱だ。今後、国交省が業者を審査し、岩手、宮城、福島の3県に紹介する。 各県は早ければ5月に発注し、7月には完成する見込み。県側には「うなぎの寝床のよう」と敬遠する声もあるが、国交省は利点を訴え、数千戸を供給したい考えだ。
おしゃれな家、輸入住宅の平屋風を建てようと思っています。 おすすめの業者はありますか? 場所は千葉県、富津市です。 外観などはアメリカンテイストをイメージしています。